サーフの釣りの始め方

どうも皆様。夏も終わりそうですねぇ。

なんかこの季節って少し悲しいですよね。我が家は今夏、猛暑の真っ只中にエアコンが壊れていることに気付き、サウナ状態のリビングで家族4人で過ごす日々でした笑。

寝室のエアコンは問題なかったので、我が家の寝室は「天国」と名前が変更されました。

で、そんな夏も終わりの先日、待望のエアコンがリビングに届きました。来年の夏には活躍してくれると思います。

はい。

で、今回なのですが最近youtubeやSNSでこれからサーフでの釣りを始めたい!って方からよくお問い合わせを頂きます!有り難うございます。

という事で、秋冬のハイシーズンの前にこれからサーフで釣りを始めるにあたって。

管理人の独断と偏見で、魅力や準備、道具、その他諸々をブログにしていきたいと思います!!

スポンサーリンク

サーフのルアーフィッシュングの魅力って!?

という事で第一回目はサーフでの釣りの魅力!

これについて書いてみたいと思います。

一応、この記事はこれからサーフで始める人や始めて更にハマりたい!という方向けなのでなるべく分かり訳す、シンプルにを心がけます。

管理人的なサーフの魅力って、なんと言っても、超気持ち良い!!!これに尽きると思っております。

かなりアバウトで申し訳ございません笑。

シチュエーションが超気持ち良い!

釣りでいうサーフって一般的には砂浜で、場合によっては玉砂利だったりします。要は堤防や防波堤(同じか笑)などの人工物ではなく、磯でもない、そんな海岸線からの釣りってことになります。

ですので、基本的にだだっ広いところでの釣り。そんな場所では割と隣の方との距離もあるし、近くに障害物もない、場合によっては見渡す限りの砂浜、なんてシチュエーションです。

もうこれだけで気持ち良いですよね!

更に、そのポイントが割と空いていて仲間内だけだったら、もうパラダイスです。

実際に管理人が釣りをしていても、サーフでの釣りは群を抜いて爽快感が半端じゃないです。気兼ねなくメタルジグをぶっ飛ばせますし、しずみ根がない砂浜のサーフなら魚とのやりとりも悠々とできます。あ、混雑しているとそうでない時もありますが…。

まぁ、釣りの中では割と余裕があるフィールドだと思います。

それでいて、サーフは大自然の中でやる釣りなので、季節やその日の天候、そんなことによって様々な表情を見せてくれます。サーフからの日の出やサンセット。鳥山との遭遇、突然のナブラ。そして…

つまり、簡単にいうと、大自然を感じられる釣りで最もエントリーしやすいシチュエーション。

そんな釣りだと思います。

サーフで釣れる魚には夢がある!!

ではでは、実際に釣れる魚はどうなの!?って事ですが…

凄いのはシチュエーションだけじゃないと思っております。

多分サーフからの釣りの一番の魅力は、なんと言っても凄い魚達が釣れる!という事。

ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュを想像する方が多いかと思います。それからブリやサワラなどの大型の青物。そして、場合や場所によってはオオニベ、真鯛、寝魚、尺アジ、などなど。

管理人もサーフを始めた時は、近所の砂浜から大きなヒラメが上がってきたのを見て本当にびっくりしました。

ただの砂浜から60センチ、場合よっては80センチほどのヒラメが釣れる。もしく1メートルを超える魚が…。

普通にサーフの釣りをやっていないと、なかなか想像つかないと思います。笑。

が、これが現実にある。そんな事がサーフの釣りの大きな魅力です!

初心者でもエントリーのしやすい釣り!!

大自然の中でヒラメや青物など、大型のフィッシュイーターを釣る。サーフでの釣りはそんな釣りです。

って、そう聞くと、なんかエントリーしづらいような気がしてしまいますよね。

が、管理人的には、ルアー釣りで最もエントリーしやすいのがこのサーフでの釣りだと思っております。

ルアーでの釣りってやっぱり奥が深いし、ポイントや状況、道具なんかもとても大切になってきますよね。もちろんサーフでの釣りもとても大事なのですが、そこは夢のあるフィールド。

サーフにベイトが沢山よっている時なんかは、大型のフィッシュイーターが狂喜乱舞して、それこそ、誰が投げても簡単に釣れる。そんな状況も多々あります。

また、夏の時期など小型の青物なんかはメタルジグを投げ込めば本当に簡単に釣れてしまったりもします。

そして、前出の通り、サーフは割と広々としているので、港湾や河川に比べて、何かとトラブルの少ない釣りでもあると思っております。

チョイスするルアーもそんなに難しくないですし。

まぁ一方で釣れない時は本当、無の海になる事も日常なのですが笑。

とにかく、この初心者にもエントリーしやすいいっていうのがサーフの良いところだと思います。それでいてやればやるほど奥が深いというか…。意外といろんな魚が釣れますし笑。

はい。

という事で今回は超簡単にですがサーフの釣りの魅力について、管理人なりの思っていることを書いてみました。

なんか内容が薄いなぁ笑。

次回はサーフでの釣りの始め方。道具編!これを書いていきます。まずはリールかな…

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事