シマノネッサCi4+ S1008MMHを一年投げ倒した感想!

*2019/7月追記:まずは無料で試したい!という方は下記記事をチェック!

みなさまはサーフでのロッドは何を使ってますか?

 本日はロッドのインプレです。と言っても新米アングラーの独断と偏見によるインプレですので、その辺を踏まえて読んで頂ければ幸いです。ご紹介するのはサーフヒラメを世に知らしめたあのお方、堀田光哉さんプロデュースのシマノ、ネッサci4+です。

 ネッサシリーズのロッドは大きく分けて、入門機として(実売約17000円)のネッサbb、中堅機(実売約28000円)のネッサci4+、高機能なネッサ(実売約50000円)、そしてさらにその上をネッサリミテッド(実売約65000円)となっています。それぞれのシリーズにロッドの長さや対応するルアーの重量が違う数本の種類が出ています。値段は大まかなので目安程度の参考まで。

 ネッサシリーズのロッドの簡単な特徴です。何といっても、堀田光哉さんプロデュースという事もあり、サーフでのヒラメを強く意識した、というかサーフ専用のロッドとして開発されています。ヒラメは勿論のこと、サーフで釣れるシーバスや青物にも対応しています。また、3ピースということが他のロッドと大きく違う点です。

*2019年11月追記↓<プレゼント企画です>

スポンサーリンク

釣れた魚、使った場所

 このロッドで釣った魚は、ヒラメはソゲから最大64センチまで30匹くらい。それ以外には、マゴチ、シーバス、ヒラスズキ、小型中型青物、タチウオなどを釣っています。場所は主にサーフ、あとは港で、100回ほど釣行しています。これらの経験からのインプレになります。

スペック ネッサci4+1008MMH

 前長 3.25メートル  自重176グラム 対応ルアー プラグ3〜38グラム ジグMAX45グラム 適合PEライン 0.8から2号

 長すぎず、短すぎず、対応ルアーも重すぎず、軽すぎず、PEラインもサーフで使うのには細すぎ、太すぎず、と本当に平均値をカバーしているロッドかと思います。軽さに関しては自重176グラムと軽い部類に入るかと思います。

キャスティング性能

 ティプが柔らかいのでルアーの重量をベリーからバッドに乗せやすいロッドになっています。少しゆっくり目のペンデュラムキャストで投げると良いと思います。飛距離はメタルジグで100メートルは飛ばせますし、実釣においては充分な性能です。また最近のルアーは重量のあるミノーやシンペンも多いのですが、それらを強く意識したロッドで問題なく対応しています。固めのロッド、シマノでいえばディアルナのようなものと比べると、投げた後のティプの収束が若干だるく感じます。特に風が超超強い日は少し気になりました。しかし、全体的にバランスが良く、表記の重さであればどんなタイプのルアーでも気分良く投げれますし、とても投げやすいロッドです。

対応ルアー別インプレ

ミノー。15グラムから35グラムまで使いました。どのルアーでもしっかり投げれます。巻いている時も潮の流れを感じる事ができるので、ちょっとした変化も割とわかりやすいです。軽いよりも重いルアーの方が得意だと思います。

ジグ。20グラムから42グラムまでで使用しました。安心してフルキャストでき、飛距離も出ます。ライトショアジギングでも使用しましたが、ティプが柔らかいのでジグを積極的にしゃくるのはあまり得意ではなさそうです。しかし、バッドを意識してしゃくれば問題なく扱えますし、実際にイナダ、カンパチ、サゴシなどが釣れました。

ワーム。これもジグと一緒でワームを跳ね上げるのは固いロッドの方がやりやすく感じましたが、この辺は好みの問題かと思います。またティプのおかげで着底感もわかりやすく使いやすいです。

3ピースのメリット?デメリット?

 これについては好き嫌いの問題だと思います。継数が多いので感度や魚をかけたときのロッドのしなりなど当初は心配しましたが、全く問題無かったです。確かに超高感度を売りにしているロッドに比べると劣りますが、同じような価格帯のロッドとは遜色なく感じました。3ピースは持ち運びが便利です。車の後部座席に横につめるのでトランクを閉めた時に挟むリスクも無いですし、個人的には気に入っています。また、竿をつなぐ時にset position がわかりやすく真っ直ぐに継ぐことができるのも気に入っています。一方で、3ピースなので継ぐ回数が2回と少し手間ではあるのも事実かと。

合わせたいリール

このロッドには当初はシマノのアルテグラ4000HGを使用していました。その後現在ではツインパワーxd4000xgを使用しています。どちらも問題なく使えてましたが、バランスはツインパワーxdの方がよいです。まぁ高いリールだから自分でそう思いたいだけかもですが笑 ネッサci4+は比較的軽い部類に入るのでリールも軽い方がバランスは良いかと思います。

まとめ

 管理人はこのロッドをサーフメインで1年間使い倒しました。魚も結構釣った方だと思っているので私的には大満足のロッドです。もともとサーフで釣りを始めたとき、最初はシーバスロッドのMLクラスで始めました。が、50センチくらいのイナダの引きを味わってから、もっと大きいのが来たらヤバい!と思い、サーフ専用のロッドを購入するにいたいました。結果、割と大きな魚も釣ることができたのですが、いろんな意味でベストバランスの完成されたサーフロッドだと思います。ルアーはどんなタイプも使えるし、カバーしているルアー重量も丁度よいです。投げやすいし、ファイトも問題無く、サーフから釣れる魚ならほとんど問題無く対応できます。また、値段も高すぎず安すぎずで購入しやすいですし、程よい高級感もあり所有欲を満たしてくれます!これからサーフメインでのロッドを探している方には本当にお勧めです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事