2020春イカ。まとめ。

夏ですねぇ。ってまだ梅雨ですね笑。

が、そんな季節でも晴れた日には既に夏の陽気に包まれている遠州灘東がわです。

管理人は既に家族との海水浴に数回行って参りました…決して私が釣りをしたいから!では無いですよ笑。

さて、という事で今回は春も終焉を迎えたので春イカのまとめ的な記事です。

今年はいろいろな影響で春の一番良い時期に釣りに行きづらい状況でしたので、少し遅め、釣行回数も少なめとなりました。が、個人的には割と満足の結果となりました。

スポンサーリンク

春イカのMVP。2.3キロのアオリイカ !

まずは、管理人が釣った今年の春いかについて、

合計で10数杯、釣ることが出来ました。

大きさは残念ながら3キロアップは釣れませんでしたが…最大2.3キロ。他にも1.8キロや1.4キロと春イカらしいサイズも釣ることができました。

個人的には昨年の方がサイズには恵まれたのですが、まぁ全然大満足です!!

何故って?

実は管理人今年のシーズン序盤にあのロッドを購入しました。

そう、ダイワ さんの超絶エギングロッド、ストイスト88mlmです!

これがまた、半端じゃなく良いロッドでした笑。本当衝撃の性能でかなり釣りが楽しくなりました。これについては、別でインプレしたいと思っております!!

あ、後シーズン終盤に実はあのリールも買ってしまいました。そう今年発売になったあの話題のリール。20ルビアス。もう財布の紐がぶっ壊れてしまいました笑。

春イカ、釣れた餌木は何!?

今季大活躍の餌木王ムラムラチェリー

で、今回のまとめですが。

まずは、今年活躍してくれた餌木について簡単にまとめてみようかと思います。

昨年はガンクラフトの餌木邪が大活躍、最大3キロオーバーで2キロ代も複数釣ることができました。

で、今年はというと、シーズン序盤い釣った1キロちょいの1杯のみとなってしまいました。なんとなくですが、ロッドを変えたら少しシャクルのが重くなった気がしたのと、今年は他の餌木も積極的に試してみたい、という思惑からです。

餌木王K,餌木王LIVEと主に2種類使いましたが、どちらも釣ることができました。前の記事でも書いたのですが、もはや私の中では伝説的なカラー、ムラムラチェリーが大活躍しました。

また、餌木王Kのシャローもかなり使いやすく、潮がガッツリ引いている状況で、立て続けにキロオーバーを釣る事ができました。てなことで、かなり餌木王シリーズにはまりました笑。

そして、もう一つこれも昨年から愛用している、DUELのパタパタシリーズ。今年も大活躍でアオリイカ だけでなくコウイカも釣れたりと、相変わらずの強さでした。

なんとなくですが、自分の周りではパタパタを使用している人をよく見かけます。

ンンンン、来年は餌木邪、餌木王、パタパタ、この3種類で行こうかな。

と、言いつつ、あのステイも気になる…

春イカの地合って!?

潮の変化のタイミングで釣れたアオリイカ。

昨年からなんとなくアオリイカの地合いみたいのが通っているとわかるようになっていたのですが、今年も割と地合いを明確にとらえることができました。

もちろん、全てでは無いのですが毎日のように通っていると、数日間は同じような地合いに釣れることが続いたりもしました。

多分、この辺は行く釣り場や時期によっても変わると思うのですが、管理人がアオリイカを釣った地合いは、やはり潮の変化する時が多くありました。

具体的には、満潮になり潮が満ちる少し前から、また逆に潮が引き出す少し間から。干潮でも同じような感じでした。で、地合いがきたら、潮が完全に止まったり、逆に流れが強烈になったりと、何かしらの変化が起きる少し前によく釣れました。

本当、30分くらいの勝負のために、5時間前に行って場所に入る。そんなスタイルでした。

もし、これからアオリイカをされる方がいれば、満潮と干潮の前後1時間は頑張ってみる価値はありそうです!!

エギングは道具で釣果が変わる?

ストリストとルビアス

最後にエギングは道具で釣果が変わるのか!?についてこの春の経験から少しだけ、個人的な考え。

釣りの道具ってそのジャンルによって専用ロッドがかなりあるかと思います。エギングにももちろん専用ロッドがあるので、やはりその釣りに特価したロッドを使う方が良いような気がしています。

と言っても、管理人の釣り友は、ヤマガブランクスの何でもロッド。ブルーカレントのオールレンジでアオリイカ をバシバシ釣っていました笑。

また、専用ロッドの中には必ずと言って良いほど、エントリークラス向け、や上級者向けのロッドなどがあります。

管理人は昨年、ミドルクラスのロッドとリールを使っていましたが、今年はハイエンドなロッド、そして話題のリールを購入いたしました。

で、個人的に思うこと。なのですが、

エギングは釣り道具の性能で釣果に差が出る!と思いました。

リールは正直、使いやすさとか、慣れとか、そう言った要素が大きいような気がします…

一方でロッドですが、これはハイエンドの方が釣果は上がる!と思いました。具体的には感度の良いロッドです。今年は今まで経験していない感じのアタリを覚えましたし、自信を持って合わせに行くことができました!

まぁハイエンドなんで当たり前かもですが笑。という事で、このロッドのインプレはまた後日とします…

とにかく春のエギングはやっぱり楽しですね。今年も大満足の釣果でした。食べてもおいしい、釣っても楽しい、しばらく春のエギングにはまりそうです笑。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事