サーフでヒラメ。オススメの釣れるルアーって何!?

どうもみなさま。いよいよ秋になってきて、サーフの本格シーズンが近づいて参りました。

本格シーズンといっても多分全国でピークの時期は少し違うと思うので、あくまでも今回の本格シーズンとは管理人が住んでいる遠州灘での話です。また、サーフでのルアーフィッシングといえば、シーバス、青物、などなど様々な種類の魚が釣れます。

今回はそんなサーフでもヒラメ、それも比較的遠浅サーフを攻略するのにオススメのルアーをご紹介いたします!

もちろん、これも管理人の独断と偏見です笑。

スポンサーリンク

サーフでのヒラメ、ルアーの種類や選択は?

フォールで食ってきたヒラメ

まず、一言にサーフでのヒラメと言っても、市場にはとにかく多くのルアーが溢れていて、それもミノー、シンペン、ワーム、メタルジグ、バイブレーション、などなど、種類も多種多様です。

そんな中、じゃぁどのルアーで釣れるのよ!?って話なのですが、

管理人的にはどの種類にも釣れるルアーはあると思います。ですが、ポイントや状況によっては選択するルアーにより釣果が変わると思っています。

簡単な例だと、遠くに地形の変化があり、そこを狙いたい時は当然ルアーの飛距離が大切になりますよね。

また、流れが強すぎて軽いワームだとなかなか沈んでないとか、ミノーがバタつくとか、などなど、状況があるので、ある程度の状況やシチュエーションを想定してルアーを揃える必要があると思っています。

遠浅サーフでの各ルアーの特徴。

フローティングミノーもおすすめ

まずは、管理人がサーフで使用するときの各ルアーのメリットとデメリットをまとめてみました。

と言っても、あくまでも私の少ない経験からの独断と偏見です。(強調!笑)

そして、フィールドは概ね深くても4メートル、基本的に遠浅のサーフです。

まずはミノー

ミノーには大きく分けてフローティングミノーシンキングミノーがありますよね。あと管理人的にはミノーが大好きなので、このジャンルはフローティングとシンキングに分けて解説します。

フローティングミノー

管理人が最もヒラメを釣っているルアーです。海が荒れすぎていたり、風が強すぎると厳しいですが、それ以外のコンディションなら最も使いやすいです。基本ゆっくり巻くだけ。(ルアーによってはジャークさせてりします)ただし、レンジが合わないとなかなか釣れないのでレンジのあうセレクトが必須。個人的にはゆっくりレンジをキープできるのが気に入っています。デメリットはタフなコンディションに弱いこと、飛距離が短いこと。

飛距離がないので手前にヒラメがいない時は悲しいことになります 笑。

シンキングミノー

フローティングミノーではレンジが届いていない時に多用します。また、海が荒れていたり、流れも割と強く、フローティングミノーだとちゃんと泳いでいない気がする時、もしくは暴れすぎる時に使います。基本ただ巻きですが、ちゃんと沈めます。沈みが遅いので着底がイマイチわかりズラい。飛距離はフローティングミノーよりは重いルアーが多いので少し飛ぶ気がしますが、これはそのルアー次第です。シンペンや、メタルジグに比べると飛距離は劣るのが難点。

しっかり沈めてから使うのが良い!と、某ヒラメマスターが言っていました!

ワーム

管理人はヒラメにはワームをあまり使いません。もちろん釣れたこともありますが、他のルアーの方が釣果が出ています、周りはワームでバシバシ釣っているので完全に食わず嫌いです笑。とはいっても、自分のルアーローテーションが一周したらワームで底を探ったりします。波打ち際に魚が付いている時は軽めのワームを使ったります。メリットはただ巻きでもフォールでも使いやす事、デメリットとしては基本飛距離もあまり出ません。

個人的には完全にサブ扱いです笑。

メタルジグ

サーフでヒラメを狙うときは泳ぐ系のメタルジグと普通のメタルジグを使い分けています。泳ぐ系のものは基本ただ巻きで使っています。普通のメタルジグはワンピッチからフォールを入れて使います。メタルジグの良いところはなんといって飛距離だと思います。ルアーの中では一番飛ぶので、遠くを狙いたい時には必須。また、サーフでは青物の回遊もあるので、そんな気配の時はメタルジグをよく使います。デメリットはどうしても早いアクションになるのでゆっくり誘いたい時にはちょっと難しいと思います。

ストレスが溜まった時にフルキャストするのも使い方の一つです!笑

シンキングペンシル

最近管理人が最も気に入っているルアーです。ミノーとは違い飛距離が出ること、好きなレンジを引いてこれること、いろいろなパターンで釣れること。そんなところが気に入っています。ミノーに比べるとアピールは弱めなのかもしれませんが、ちょっとアクションさせたりして反応があったり、レンジも自由に引けて、かつ流れのある場所ではかなりゆっくり誘うことができます。使い方になれるのに時間がかかったのですが、まさにオールマイティに使えて、今は超お気に入りのルアーです。難点は根があるとこを攻めすぎると殉職すること、当たり前か!。まぁ、それくらいです。

食わしてやったぜー!感が気に入っています。ただ巻きですが笑

と、いう感じで、かなりざっくりですが、管理人的なサーフでのヒラメを釣る時の各ルアーの特徴でした。私はこれらのルアーを場所やコンディションに合わせて使っています。

ヒラメが釣れるルアー。管理員的オススメ。

で、今回は管理人がサーフでヒラメを釣りに行く時に必ず持っていくルアーをご紹介します。

というか、前出の通り様々なタイプのルアーを使うので。タックルボックスに入っている1軍ルアーをご紹介いたします。

余談ですが、私は、メイホウのリバーシブル160というルアーボックスを使っています。このボックスはルアーが取り出しやすいし、仕切りがあるので、万が一サビてしまっても他のルアーに移ら無いのでとても気に入っています。

ボックスに三角形の仕切りが互いに入っていて、両面で5個づつ、合計10個のルアーが入れらるようになっています。以前はこれを3個くらい持っていていたのですが、まぁ最悪これ1箱でも全然十分です。

ということでこの1軍ルアーケースに入っているルアーからご紹介します。

もちろん、紹介する全てのルアーでヒラメを釣っています!!

管理人の1軍ヒラメルアー! その1

1群ルアーのミノー

こちらは全てミノーになります。

右から

アイマ コモモ125 Counter

アイマ コスケ110F

アイマ サスケ裂波120

シマノ サイレントアサシン129F

シマノ ヒラメミノー3 125S

表面に入っているのはこんな感じです。まぁ分かりやすいのですが、上から順に徐々に探れるレンジが深くなっていってます。本来にはヒラメミノー3を裏面に入れてジャンプライズ のロウディを入れているのですが、先日殉職させてしまいました泣。まぁでもとりあえず、こんな感じで大体のレンジを探れるようにしています。こうして見ると、黄色系が多くでびっくりです笑。サスケ、やコモモは他の色もあるので気分で持っていくのを変えたりしていますが、とりあえずはこの色で釣れているのであまり気にせずやっています笑。

管理人の1軍ヒラメルアー その2

超お気にりのシンペン

裏面。

ジャンプライズ カッ飛び棒130BR

ジャンプライズ ぶっ飛び君95S

ブルーブルー ブローウィン140S

と、ジャンプライズ のカッ飛び棒とぶっ飛び君を2個づつ入れています。これは単純に気に入っているから、というのと違うカラーを持っておきたい。という理由です。あ、あと殉職した時に予備でっていうのもあります。この二つは私にとっては超重要なルアーなので二つ入れています。表面に入れいているルアーは割と根掛かりしにくいレンジで泳ぐので無くなりにくいっていうのもあります。

ブローウィン140Sは今年の夏頃から使っているルアーでまだソゲしか釣っていません。シーバスのバラシは割と多くあったので、ヒラスズキが居そうな時のために、あとはなんとなく気に入ったので使っていて特に理由はありません。笑

その他、番外編

ワーム。ジグヘッド14g、20gのに海太郎とフラッシュJ。

メタルジグ。スピンビーム40g、ジグパラサーフ 32g、COSO JIG 30g、ドラッグメタルキャスト40g、

とまぁ、こんな感じのメタルジグとワームを別のケースに入れて持っていきます。もちろん毎回これでは無いのですが、基本はこんな感じの組み合わせです。ワームはジグヘッドの重さを変えて、メタルジグは泳ぐタイプと、普通のタイプ、それぞれ2種類の重さ。こんな感じで用意しています。

ひと通りあると釣りが楽しいです

今回はヒラメが釣れるおすすめルアーってことだったのですが、なんだかだで、私の1軍ルアーをただ紹介するだけになってしまいました。笑。

でも正直にいうと全部オススメなんです!!もちろん今回紹介した1軍ルアーでは全てヒラメが釣れています。

しかし、こうやって見返して見ると、レンジが超浅いところから深いところまで、割といろいろなところでヒラメが釣れるのが分かります。コモモでも5匹以上は釣っているはずなので、こんなシャローで!?ってところも攻めれるようにしておいた方が良いかと思います。もちろん深い水深のボトム付近も言うまでもありません。

管理人は基本的にはボトムから50センチくらいをひいいてこれるように意識しています。まぁ実際はどうだか分かりませんが、イメージとしてはそんな感じです。で、その攻め方ができるルアーを状況やフィールドによって合わせているって言う感じです。

あと、管理人の最大の強みは、頻回に釣りに通う変態力なんですが、それを支えるのもお気に入りのルアー達をいろいろ試すってことでもあるので、ある意味でモチベーション=釣果って構図もあると思います。

少なくとも、今回ご紹介した感じで、ルアーを揃えればひと通りのローテションは組めますし、やる気アップは間違いなしです。これからの本格シーズンに向けてヒラメの釣れるルアーを揃えてみてはいかがでしょうか!?

ちなみに、敢えておすすめ3選をやるなら、サスケ、ぶっ飛び、カッ飛び棒、かなぁ。そのうちこの3つのルアーについて管理人的な使い方をご紹介してみます!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事