サーフの怪魚オオニベが釣れた!

どうお皆様。最近は動画に力を入れまくっておりまして、なかなかブログが更新できておりません…

とはいえ、本来は文章を書くことが割と好きな管理人ですので、少ない頻度ですが、コツコツと更新していきたいと思います。

で、今回ですが、管理人…やってしまいました!!

サーフの怪魚…オオニベを釣ってしまいました!!!

スポンサーリンク

遠州灘でオオニベ!メーターオーバー

で、少し前だったのですが、今回は釣行日記です。

オオニベと聞くと、有名なのは宮崎県ですよね?何やら県の魚に指定されているのだとか。それからオオニベの放流なんかもやっているって噂を聞きます。

一方で遠州灘でのオオニベに関しては、昔から釣りをしている方に聞くとどうやら近年になってから、ここ遠州灘でも釣れ始めたのだとか…まぁ、サーフの釣りがメジャーになって露出する機会が増えたとか、狙ってみる人が増えたとか、そんなことも関係あるかもですが。

サーフから1メートル以上の魚が釣れる。本当、夢のある魚ですね!

実は管理人は今年は本格的にオオニベにチャレンジしようと決めておりました。

で、某日の夜。今季初となるオオニベチャレンジでまさかの!!本当ラッキーでした。

1メートルオーバーのオオニベ!

103センチ。なんとかメーターオーバー!!

そういえば、振り返って見ると、こう言ったメモリアルな魚が釣れた時って、何故か運命の分かれ道みたいなのがある気がします。

管理人の場合は、釣行に行った日でした。当初はオオニベが釣れた翌日にチャレンジする予定でした。が、釣り仲間が私のオオニベチャレンジの話を聞いて、「もう高速に乗ってます!」、え?今日?じゃあ行くか!。みたいな流れでした笑。

釣り場に着くと、真っ暗闇のサーフにすでに2名のアングラー。明らかにオオニベ狙いでした。

で、そうこうしていると、隣のアングラーの方にヒット!90近いオオニベが!!!!

で、またまた、そうこうしていると、隣の隣のアングラーに100オーバーのオオニベ!!!!

これはめちゃくチャンス!

オオニベはルアーを拾い食いしたりすることもあるそうで、少しレンジを下の方で食わせるということを意識しました。宮崎では鉄板バイブが割と主流?みたいな噂を聞いたのと、昨年、鉄板バイブでオオニベ!?見たいのをバラしたことがあるので、この日はそのルアーが主力と考えてました。

が、開始3投目。まさかのベールが返って、バツ!って音と共に闇のなかに消えていきました…

いきなり主力を失ったのですが、この辺ではミノーでも割と釣れているので、レンジの入るシンキングミノーで、今回はDUOのグアドを使いました。

で、このルアーに変えてから数投。ゆっくり目に巻いて。

手前のかけ上がりに来たら、ゴツ!。合わせを入れるとドラグが唸りました。

間違いなくオオニベ!!!!

オオニベとのやり取り。重要事は!?

なんとかオオニベをかけることが出来たので、これは絶対に取りたい!!

最初の1stランで60メートル?くらいは出されたと思います。

使っていたロッドはGクラフトのモンスターサーフ1092。リールはセルテート4000。ラインは1.2号300メートル。

聞く話だと1stランで100メートル以上持っていかれた!なんて話も。私の場合はドラグの設定が割と強気だったせいか、ロッドが強いから?分かりませんが、100メートル出た感じではなかったです。ただ、ドラグの強さが2キロくらいの設定にも関わらず、歯牙にも掛けない感じで走っていかれたのは驚きでした。20キロクラスの大物だったら…

1stランはひたすら止まるまで我慢。このまま行っちゃうのかな?と不安もありましたが、流石に300メートル巻いているので問題なかったです。止まってからはロッドで少しずつ寄せながらリールを巻くって感じでした。時折、また出されたり、で途中で何故が横に走って行ったので並走しながら様子見。そんな感じのやり取りが10分弱くらい。数十分のやり取りも覚悟していたのですが、思ったよりも早くあげれました。

とりあえず、人生初のオオニベを獲れて思ったのは、

ラインは長ければ長いほど良さそう!で、当然ですがロッドもそれなりにパワーがあると楽そうです。

オオニベにおすすめなルアー!?

 DUOのグアドでオオニベ

最後にオオニベにおすすなルアーについて考えてみます。

と、言っても1匹しか釣っていないので、なんとも言えませんが…

前出の通り、バイブレーションけいは割とよく使われるみたいです。この日も先行者の方は大きめのバイブレーションでオオニベを釣っていました。アタリもかなり多かったそうです。

で、私はシンキングミノー、DUOのグアドでした。

ミノーに関しては、その後釣り仲間がDAIWAのセットアッパーでオオニベを仕留めました。

いずれにしてもレンジが深めのほうが良さそうな気がしました。あとはそこにオオニベがいれば割とルアーへの反応は良さそうな気がしました。

シンキングミノーと鉄板バイブ、大きめのバイブレーション。このあたりがあれば割となんとかなりそうです!

と、言うことで今回はオオニベの話でした。

しかし、サーフからこんな大物を釣る日が来るとは笑。

本当遠州灘のポテンシャルを思い知りました!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事