サーフで使う。おすすめのウェーダーって?

サーフでの釣りに欠かせないアイテムの一つがウェーダー。波打ち際では常に波を被るコンディションだったり、釣れた魚を波打ち際でキャッチする際だったり、またまた、サーフに流れる川を超える時だったり。

そんなシチュエーションが多いサーフでの釣り。欠かせないアイテムの一つがウェーダーです。今回はサーフで使うおすすめのウェーダーについて書いてみます。あ、勿論今回も私の独断ど偏見ですので悪しからず!

スポンサーリンク

ずばり、ウェーダーはチェストハイがおすすめ!

チェストはいのウェーダー。サーフでおすすめ。

ではでは、先ずはサーフで使うウェーダーについて管理人のおすすめタイプをご紹介。

管理人のおすすめはどのメーカーでも良いのですが、断然チェストハイのウェーダーです。チェストハイとは名前の通りウェーダーが胸までの高さとないるタイプ。ですので、胸以下までの高さなら海水から守ってくれるし、それ以上の高さにならない限りウェーダー内に水が侵入することはありません。

ウェーダーは釣りにおいて、あらゆるシチュエーションで水の侵入を防いでくれます。特に冬の時期は水をかぶると寒くて釣りになりません。つまり、ウェーダーに求められる基本性能は兎に角、衣服が濡れない事です。で、サーフではどのような事が考えらるかと言うと。

波が高くて足元まで海水が押し寄せたり。定期的にくるセットの波は大きいので不意に予想よりも高い波を被ったり。サーフに流れ込む川を越えるのに割と水深あったり。などなど。

そんな状況ですので、サーフでのウェーダーはチェストハイを強くおすすめします。

ちなみに、夏はウェーダーをはくとクソ暑くてムレムレになってしまいます。管理人はアクアシューズを履いています。

ウェーダーの靴底。どんなタイプでも良いかも!?

ラジアルソールとフェルトスパイク。用途に合わせて。

さて、サーフで使うウェーダーはチェストハイ一択。と勝手に決めましたが笑。

じゃぁ、ウェーダーの靴底はどんな素材が良いのか!?これもバシっと独断と偏見で決めたいのですが、管理人は割となんでも良いんじゃない!?って思ってます。これは実際に履いてみての感想です。それよりも自分が使うフィールドで選べば良いかと。

では、ウェーダーの靴底には主にどんなタイプがあるのか?

ラジアルタイプ。靴底は普通の長靴のようなゴム素材。おそらくサーフで最もスタンダードな靴底かと。歩き易いのと、他の素材より耐久性がありメンテナンスも楽。これが理由だそうです。

フェルトタイプ。靴底にフェルトが貼ってあるタイプで、サーフよりかわ人工物や磯などで滑り易い場所でグリップ力を高めたもでる。フェルトに砂が入る、水を吸って重くなる、フェルトないの砂を洗うのが面倒、こんな理由でサーフでは敬遠されがち。

フェルトスパイクタイプ。上記のフェルトにプラスして、スパイクを追加したモデル。さらに滑り易い足場での使用も考慮しているモデル。フェルトのデメリットに加えて、スパイクが減りすいのがデメリット。だとか。

とまぁ、簡単に書きましたが。管理人はラジアルソールとフェルトスパイク、の両方を使用しています。で、結論なのですが私が使っている両者を比べると、正直な話、上記に書いたデメリットやメリットに大きな違いを感じていません。別にフェルトでも砂が気にならないですし歩き易いです。むしろ、たまに磯に行くのでフェルトスパイクの方が重宝しております。ただし、勇逸気になってくるのが耐久性です。みた感じだと、ラジアルソールの方が強そうですし、作りも単純なので耐久性はありそう。

勿論これは、メーカーによってももしかしたら違うかもですが、少なくとも私が使っている2社2製品ではそう感じました。(ページ後半でこの2製品の比較をしています。)

と、言う事で、靴底タイプはそれぞれのシチュエーションに合わせて選べば良いと思います。サーフだけで釣りをするようであればラジアルソール。サーフ以外でも磯や滑るような人工物の上でも釣りをするならフェルトスパイクを選択。こんな感じをおすすめします!

ウェーダーの素材。どんなものがおすすめ?

両方とも非透湿素材。

サーフのウェーダーはチェストハイ!靴底は釣り場次第!!じゃぁ素材は!!?

と言うことですが。この素材については値段が高ければ高いほど快適で着心地も良いです。そりゃ高いお金かけてるからそうだろ!ってことなのですが…

管理人的には1万円代位のウェーダーが高コスパだと考えます。ただし夏場は使用しない場合。

私は友人が持っているハイグレードタイプを1度使わしてもらっただけで、あとは1万円前後のものを使っています。それでも素材は若干違うのでその使用感などをご紹介します。ウェーダーの素材は主に3つあります。

ネオプレーン素材。いわゆるウェットスーツのような素材です。伸縮性に優れたゴムに薄い生地を貼り付けています。ウェーダーの素材の中では厚くて保温性に優れています。一方で夏はクソ暑くなること間違いなしです笑。管理人はサーフィンを20年近くやっているのですが、ネオプレーン素材って割と破けたりメンテナンスが必要なのでハードユーズの人にはどうかなと思ってます。あと普通に値段が高い笑

防水透湿素材。これは水は通さないけど湿気は排出される素材。高密度に編み込んだ生地系の素材で、ゴアテックスなんかが代表的。価格帯は割と高めだけどネオプレーンよりは少し安いくらい。高い製品はかなり快適です。夏場でもウェーダーを着用したいって方はこのタイプの高価格帯がおすすめです。

ナイロン、PVC素材。ナイロンやPVCの生地でできた素材ですが、防水で非防湿。価格は安いのですがムレが結構すごいです。真冬なら良いけ夏場は酷いことになり…ウェダーの中が湿気で濡れます。モデルやシルエット次第ではは着心地に差もあります。

てな、事で簡単に素材についてでした。

最近はネオプレーンと防水透湿素材を組み合わせた製品なんかも出てきてます。勿論高いですが笑。いつかはこんなのを履いてサーフで釣りしてみたいです笑。

表面の素材も大切ですが、割と気になるのが裏地。ある程度の値段になると裏地にメッシュ素材のものが貼られていたりして、装着感が増してきます。ウェーダーはやはり蒸れがあるのでこの裏地はついている方がベター。

また、もう一つ大切なのが履きやすさ。最近は立体裁断と言って足の形により自然にフィットして動き易いパターンのウェーダーも多く出ています。私も両方使いましたが、動きやすそもそうですが、立体裁断の製品はシルエットがカッコ良いので気に入っています。

シマノとマズメ、二つのウェーダーを比較!

マズメのウェーダーとシマノのウェーダーを比較。

ここからは管理人が今も使用している、シマノ製とマズメ製の二つのウェーダーを比較してみます。

シマノ製品はXEFO マックスデュラウェーダー(ラジアルソール)実売約14000円

マズメ製品はブーツフットゲームウェイダー(スパイクフェルト)実売約15000円

価格帯はどちらも同じくらいで、両方とも防水非透湿素材。夏場はや暑い時期は割とむれます。管理人は夏はウェーダー自体を履かないのこの素材でも問題ありません。

マズメ製品はスパイクフェルト、シマノ製品はラジアルソールになっています。同じくらいの価格帯ですが生地の質感(厚み)がマズメ社製のが厚く、より耐久性がありそうな素材になっています。

裏地のメッシュ素材も重要。

また、裏地の素材ですが、シマノはメッシュ素材が前側の反面。マズメは全体がメッシュになっています。これは意外とは着心地にも影響していて、よりムレない感じがして、かつ履きやすいのが全体にメッシュのあるタイプ。

同じ防水非透湿素材ですが使用した感じでは全体にメッシュがある方が装着感が良かったのでこちらのタイプをおすすめします。

長靴の長さがメーカー、製品によって違う。

今回はブーツが一体型の製品を比較してますが、メーカーや製品によってブーツの長さが違います。耐久性や歩きやすさなどが少し変わってきそうですが、管理人はどちらのタイプでも特に不便なく使えました。

ただし、ウェーダーの重さはこのブーツの重量が主なのでこの辺で変わってきそうです。といっても、ここの差はそんなに気にならないですが…

他のパーツや見た目は?

で、ウェーダーの素材やブーツのタイプ以外だと、細かい仕様があります。で、個人的にはこのアタリが実際使う面で割と使用感に差が出ると感じています。

今回、比較しているシマノとマズメのウェーダーですが、例えば、お腹の部分にポケットがあったり、無かったり。ベルトを留めるプラスチック製の留め具の使いやすさなどなど。

管理人はその辺の違いも含めてマズメのウェーダーが気に入っています。まぁこのあたりは個人で意見が変わると思うのですが、例えば、マズメのウェーダーのベルトは一部がゴム製になっていてとても装着感が良いです。また、なんと言っても裁断が良いのか、履いたときのシルエットは断然マズメの方がカッコ良いです。まぁこれも個人の価値観ですが笑笑。

そして、決めては素材の質感と、裏地全体にメッシュが採用されていること。

あれ?お気づきかと思いますが。ほとんどの項目でマズメの圧勝でした…

私は決してマズメの回し者じゃないのですが、このウェーダーの比較に関しては超強くマズメのウェーダーをおすすめします!!

とはいえ、実は最近シマノは新しいウェーダーを開発発売したようで、そちらのモデルは今回のマズメの製品に比べてもとても良さそうな出来になっています。商品開発の争いも壮絶ですね笑。

ずばりおすすめのウェーダーって?

では最後に管理人のおすすめのウェーダーについてです。

もう、ここまでくれば大体予想はついているかと思いますが笑。

現在はいているマズメのブーツフットゲームウェイダーが超ぜつおすすめです!

まぁそりゃそうですよね。個人的には見た目、素材、耐久性(恐らく)、細かい仕様、全てが高コスパな設定だと思っています。まぁ値段高くても良いって方には他の素材やハイブリッドのウェーダーが良いかと。

また、以前は4000円くらいの安いウェーダーも使っていました。これはこれで全然使えるのですが、日向に干していたらブーツの表面が溶けてベトベトになったので、メンテナンスにはおきおつけください。

と言うことで、今回はサーフで使うおすすめのウェーダーについてでした。

それでは皆様、お気に入りのウェーダーを履いてサーフでの釣りを楽しんで下さい!!!

あぁ、いつかハイブリッドタイプ欲しいなぁぁぁぁ!!!!笑。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事