マズメ ライフジャケット インプレ

マズメ レッドムーンライフジャケットⅧのインプレです!

今回はサーフの釣りで欠かせないアイテムの一つライフジャケットのインプレです!というのも管理人、ついに買ってしまいました。マズメのライフジャケットです。

これまで使用していたライフジャケットは以前にインプレでもあげた高コスパ商品、株式会社オレンジブルーから出ているウォーターロックスのライフジャケットです。が、年間200日釣行を目指している管理人のヘヴィーユーズに!?耐えきれず、割といろんな箇所が壊れたので遂に買い替えとなりました。正確にはヘヴィーユーズというかガサツな私の扱いの方に問題がありそうですが…

とはいえ、買ってから恐らく200回以上は使用したので、まぁ管理人的にはよく頑張ってくれたんじゃないか、と思っております。一方で年数で言うと2年使っていません。もう少し頑張ってくれても…と少し思いましたが、値段が安かったので文句はありません。今まで有難う!!

スポンサーリンク

マズメのライフジャケット一覧 種類は?用途は?

まずは、マズメのライフジャケットの一覧から。簡単ですがメーカーのホームページからと、管理人的が試着しまくって悩んだ勝手な感想から笑。

と、その前に、管理人的な勝手なMazumeのイメージから。いらないかな!?笑。

管理人、実は釣りを始めた当初はMazumeがあまり好きではありませんでした。何故か?と言うと、あまりにもカッコよすぎて始めたばかりの私が着ていると場違いな感じがしたからです笑。

後、値段が割と高い。

Mazumeブランドは釣り関連のアパレル商品ですが、ウェーダーもベストもジャケットもどれもこれも、釣りブランドの中ではカッコよく、値段も少し高めな感じがしていて、どうも取っ付きにくかったのを覚えています。

じゃぁ何んで買ったのか?と言う話なのですが。

管理人は釣りを始めて以来、釣りに行きまくり、いろいろな魚に出会い、そして様々な釣りに手を広げてきました。それも物凄い勢いで釣りにハマりまくっております 笑。まぁそれもこれも家の近くに豊かすぎる海があるおかげです 笑。

で、そんな経験を積んでいくうちに、マズメの商品を現場で見まくるわけです。そうなるとやっぱりカッコ良い。単純な私はすぐに欲しくなって釣り道具屋さんで試着。と、なるわけです。

試着してみるとマズメのライフジャケットの着心地の良さや使い勝手の良さに気付き余計に欲しくなりました。そして、そんな折に元々使っていたライフジャケットが限界を迎えました。

そりゃ、買いますよね 笑。とまぁ、こんな感じで憧れのマズメのライフジャケットを買った次第です。ライフジャケット自体は以前使っていたウォーターロックスと今回のマズメしか使っていないのですが、試着は一般的にお店に売ってあるほぼ全メーカーしたと思います笑。

ですので今回のインプレはそんな試着マニアでマズメに憧れていた管理人がインプレしますので、バイアスかかりまくり、マズメの1ファンとしての意見になっちゃうと思います。

余談ですがこのMazumeの商品を発売しているところが株式会社オレンジブルーです。

あれ!?と思った方や、知ってるよ!と思った方もいると思いますが、そう、管理人が元々使っていたウォーターロックスもこの株式会社オレンジブルーが発売しています。確かに、ウォーターロックス、コスパが良いわけだ。

前置きが長くなりましてすいません笑。

マズメのライフジャケット一覧

2020年現在マズメのライフジャケットはレッドムーンライフジャケット、タイドマニア、コアライフジャケット、コンタクトライフジャケット、と大きく分けて4種類出ています。

コアライフジャケットコンタクトライフジャケットはパっと見た感じ同じようなシルエット。

ダウンベストみたいなシルエットで、防弾チョッキみたいな形状です。もちろんカッコ良い意味です。ただし、両方ともポケットは少なめでルアーボックスは少しか入りません。まぁ、少ないルアーで釣りをしたり、そもそもジャケットにルアーボックスを入れない、そんなアングラー向きだそうです。

(*値段はメーカーホームページ上の価格です、またカラーによって若干変わります)

管理人もこのライフジャケットを試着したことあるのですが、見た目も良いし、動きやすいし、軽い、これで釣りしてたらカッコ良いなぁと妄想しました。値段もコアライフジャケット(11000円)、コンタクトライフジャケット(8000円)とお手頃です。が、流石にルアーの収納が少なすぎるのでルアーを割と多めに持ち運ぶ管理人には残念ながら実用面で厳しいと判断しました。後、どなたかのインプレで夏ばは暑い、と言う意見を見て。確かに暑そうなのでやめました。将来、磯にたつ時とかにはすごい良さそうなので時がきたら買うかもです笑。

で、サーフで使えそうなのが、レッドムーンライフジャケットタイドマニア

レッドムーンライフジャケットは現在バージョンⅧと言うことです。何がⅧなのか正直よくわかりません笑、多分8代目ってことなのかと思ったら、この前のモデルはⅤでした。発売した西暦なのでしょうか…

で、レッドムーンライフジャケットには現在のⅧの他に、ロックショアスペシャルⅡサーフスペシャルⅡの派生形があり。現在3種類のラインナップになっています。

特性は名前の通り、

中核となるレッドムーンライフジャケット(24000円)は割とオールマイティに、

ロックショアスペシャル(24000円)は前部の収納が少し小さく、正確に言うと厚みが少なくて、磯を歩くときにも足場見やすくなっています。背中には大容量の収納を用意している見たいです。

サーフスペシャル(24000円)はサーフに特化していて、ルアーボックスを前面にたくさん収納でき、背後の収納はソフトクーラー使用になっていて、夏場の使用も考慮しています。また、ランディングツールを高い場所に配置できるようになっていて、釣れた魚に瞬時に対応できるようになっています。

と、まぁ。こんな感じ。

タイドマニア(14000円)はどうでしょう!?これはレッドムーンシリーズのノウハウを注ぎ込んだ、エントリー向けモデル。と言うことで値段が安くなっています。レッドムーンシリーズのようなNEWウェストハーネスシステムやその他の細かい仕様で差別化されています。

で、管理人的にチョイスを独断と偏見で。

コアライフジャケットとコンタクトライフジャケットはサーフでの使用はルアーの収納の関係で無しかなと。もちろんルーアーが少なくて良い方や、他の収納を使う方なら全然アリだし、むしろカッコ良いと思いました。

タイドマニア、についてですが、見た目はカッコ良いですが、これなら以前使っていたウォーターロックスでも使い勝手は変わらなそうでした。耐久性はわかりません。何よりもレッドムーンライフジャケットのシリーズと比べると、腰ベルトの調整や、背面の収納の取り出しやすさ、着心地などなど、歴然とした差がありました。まぁ値段考えると当然ですが。

で、レッドムーンライフジャケットのシリーズ。

サーフスペシャル。サーフでの釣りが多い管理人ですのでこれは凄い気になりました。が、超個人的な理由でやめました。理由は動画撮影です。管理人はGoProを胸につけているので前面右側のポケットが画角に入り込みそうなので辞めました。ルアーを大量に持ち運びたい人、にはこれがオススメかと。

ロックショアスペシャル。これは最後まで迷ったのですが前面の収納が少し小さいかなと…まぁとは言っても全然ことたりそうですが。一番お理由は買いに行った時に店舗に無かったので必然的に選択肢から消えました笑。サーフも磯もって方にはオススメだと思います。

レッドムーンライフジャケットⅧ。で最もスタンダードなのがこれ。サーフで使うには十分な収納もあるし、本当に丁度良い感じでした。これも磯でも全然使えそうですが、ロックショアスペシャルよりも前面に多くのルアーを収納したい方。にオススメです。

とまぁ、こんな感じです。レッドムーンライフジャケットのシリーズごとの着心地はほぼ同じでしたし、収納以外の基本的な造りも同じでした。ですので、あとは用途と収納から好みで決めれば良いかと思います。

ざくっとまとめると

とまぁ、こんな感じです。

インプレ レッドムーンライフジャケットⅧ

ではでは。

早速インプレしていきたいと思います!前出の通りですが、このベストを買ってすっかりMazumeファンになってしまっているので少々贔屓目かもしれません笑。

なるべく心を冷静に客観的に書くようにします笑笑。

レッドムーンライフジャケットⅧの着心地は極上!

まずは、着心地から。とりあえず購入してから数回使用しました。着心地…極上です!!

管理人は足で稼ぐタイプなので釣行回数が変態的です笑。ですので以前から少し腰が痛くなる事があったのですが、このレッドムーンライフジャケットにしてから長時間釣行しても腰の負担を少なく感じています。”ウェストハーネスあると腰が楽になる”と聞いていたのですがまさにその通りだと思いました。

ウェストハーネスは最初に自分の腰まわりにウェストハーネスのベルクロを調節して最適な長さに調整します。で、この作業が最初でけちょっと面倒ですが、以前の使っていたベストはこの腰のベルトの長さが徐々に長くなり、締め付けが緩くなる事がありました。レッドムーンライフジャケットⅧはここがしっかりしたベルクロなので腰の締め付けが緩くなることはほぼ無さそうです。結果的には最初に調整しておけばこちらの方が楽そうです。まぁ急激に太ったりしたら再度調節ですが…それはやむなしと言うことで笑。

また、個人的には脇にある2箇所のベルトでベストと身体を密着できる事が気に入っています。これにより装着感がかなり向上しました。また、以前の物よりも腕が前後に動かしやすくなりました。キャスティングが楽になるかは人によると思いますが、普通に腕が動かしやすいです。

レッドムーンライフジャケットⅧは収納上手!!

前面にはMEIHO3010のディープタイプが入ります。

そして、左前の収納には専用のルアーケースが付属しています。最大14センチのルアーがかけれる仕様。管理人はその日よく使うルアーをかけています。私はミノーの使用率が9割くらいですがとても使いやすくて気に入っています。

取り出しやすくて便利。詰めればもう少しルアーの収納可能。

背面の収納。ここには釣れた時に使う道具を入れいます。またこの収納、着用したままでも取り出せると言う優れもの。前の使っていたベストでは背面収納は使っていませんでした。ですので、後少し収納が足らず歯痒い思いをしていました。

このサイズのルアーボックスが2つ入ります。

ターポリン。左胸に付いています。一見小さいですが、iphone7を2台入れるのも余裕ですし、開閉しやすいです。

iphone7台も楽々収納。

その他は取り外し可能なドリンクホルダーフィッシュグリップは右前収納の横にベルトで固定。プライヤも取り外し可能な専用のホルダー。右がわの胸部分にヘッドライトなどを収納できる小さなスペース。こんな感じです。

前面だけでこれだけのルアーの収納が可能。

レッドムーンライフジャケットⅧ。コスパは?耐久性は??

で、やはり一番気になるのがコスパですよね。正直値段はお高いです。2万円ちょいします…。と言っても他社の高級品に比べると少しだけ安いと言う現状もあります。

では、管理人が元々きていたウォーターロックスと比べてどうなのか?ってことですが。

機能面、着心地、使い勝手は全然レッドムーンライフジャケットⅧの圧勝です。が、一つ、耐久性となるとこれはまだ使い込んでないのでわかりません。

少しこだわって見てみると、縫製の感じも使っている素材などは良いと思います。一応、以前アパレル商品の輸出入に関わっていたので少しは見れます。少しですよ笑。

ということで、コスパに関しては、あくまでも個人的な見解ですが、仮にこのレッドムーンライフジャケットが3年、いや2年半もってくれたらコスパ良し!ってなると思います。

レッドムーンライフジャケットはオススメなのか!?

最終的にこのレッドムーンライフジャケットがオススメなのか?ですが、

管理人的には超絶オススメです。次に買い替えを検討している方にはです。

これから始めますっていう人でも着心地とか快適性を求める方、カッコ良い方がイイでしょ!って方にもオススメです。まぁカッコ良いっていうの主観なので個々人の判断ですが。

逆に、これから始めます!ベストにはまだお金かけたくない。って方にはウォーターロックスかタイドマニアが断然良さそうです。私も実釣面で何か不自由があったかというと特にそんなことはありませんでしたし。

レッドムーンライフジャケットⅧのまとめ

と、いうことで今回はMazumeのレッドムーンライフジャケットⅧのインプレでした。

まだまだ、これから使い込んでわかることもあるかと思いますが、現状では本当にオススメです。何が良いって、使ってみて解ったのはMazumeブランドのマジメさです!笑。ギャグじゃないですよ。ウェストハーネスや、ターポリン、ジッパーの開閉、背後収納などなど、本当に気が利く作りになっていて、まさに痒いところに手が届く製品でした!そして、その作り込みから釣りや製品に対する真摯な気持ちが伝わってきました!!

また、男性はサイズフリーとなっていますが、172センチ、64キロの管理人が着てみてもピッタリでした。各所のベルトが調整できるのでおそらくほとんどの日本人の体型にはフィットできそうです。子供、女性用に関してもラインナップがあるので、こう言ったポイントも超好感持てました笑。

そんな事もあり、管理人的には本当に気に入って使用しております。

さて、管理人もついにマズメのライフジャケットを着ることになりました。

そうなると、ウェーダーもマズメの製品が気になってきました…。そういえば、磯に行くためにスパイクフェルトのウェーダーが必要だったかも…笑。どうせなら揃えちゃおうかな!!

管理人おすすめのウェーダー↓

管理人おすすめのサーフルアー↓

管理人おすすめのサーフで使うリール

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事