河川でライトゲーム。シーバスと遊ぶ!!

厳冬期の過ごし方・・・

この時期はなかなか渋い状況が続いています。とは言ってもサーフではポツポツとヒラメが釣れていたり、港ではメバルが釣れていたり。まぁそんな状況ですが、やっぱり渋いものはしぶいです。

ですので、この厳冬期をアングラーとして正しく過ごすには…

家で釣り道具の手入れをするのもよし。

youtubeで釣り動画を見て楽しむもよし。

次に何を買うか妄想するのも良し。

もうこの際だから釣りをしないでこのブログを読み倒すのも!よし!??

それはないかな笑笑。

管理人的にはやはり”釣りに行って魚を釣る!”が尚良し!です。

スポンサーリンク

厳しいシーズンにお勧め!?河川でライトゲームシーバス!

という事で、やっぱり釣りに行きたい管理人の最近の流行は…

ライトゲームタックルでシーバスを釣る。です。

この時期、夜の河川や河口、港の常夜灯周辺で小さいシーバスが夜な夜なボイルしています。

以前はこのシーバスを狙って12センチ前後のルアーを投げては釣れない…なんてことをしていたのですが、

最近、割と行けば釣れる状況になったので、今回はそんなライトゲームシーバス!?についてです!

まずは使用タックルの紹介!!

管理人が何故勝手にライトゲームシーバスと勝手に言っているかというと…

今回使うタックルは全てメバル用のタックルです。

というか、たまたまメバルを狙っていたら、そのルアーに小さいシーバスが喰って来たのがきっかけでした。おそらく、経験の長い皆様はよくそんな事もあるかと思うのですが…

まぁ、とにかく最近の管理人はこのタックルで小さいシーバスを狙いに釣りに行っています。

タックルは全てメバル用。

使用ロッド DAIWA 月下美人 76L ルアー重量1.5g~7.0g

リール   DAIWA 18フリームス 2000S

ライン   PE 0.4号  リーダー フロロ1.75号

ルアー   メバル用プラグ 各種。

実際に釣れたシーバス達!ポイントや状況は?

25~40センチくらいのシーバス。

場所は近所の某河口。橋の常夜灯が絡んでいていかにもシーバスがいそうなポイントです。

で、この場所は夜になると小さいシーバスのボイルがポツポツ。

一応メバル用のタックルですが釣れたのは全てシーバス。アベレージで30センチくらい。大きので40弱くらいのサイズでした。

時折、大きなボイルもあったので、もしかしたら50弱?のシーバスもいそうな雰囲気です。

他のポイント。港の常夜灯周辺なんかはもう少しサイズが大きのですが、そちらはまた他の機会に…

で、このシーバス。状況は日によって違うのですが、基本的には日が暮れてからずーっとポツポツとボイルしている状況です。

ただ、同じ日でも流れが効いてくるとより釣れる状況。完全に止まっている時はボイルも釣果もかなり少ない状況でした。やはり流れが効いている時の方がシーバスは口を使うって事なんでしょうか。

そりゃそうか。笑。

また、風があって水面がざわついている時。こんな時もシーバスのボイルも多く、また釣れる数も多い感じでした。シーバスにとっては少し荒れてるくらいの方が活性が上がる、これは間違いなさそうですね笑。

と言ってもルアー投げるのが結構しんどいので出来れば風上に回りたいですが…

特にライトゲームタックルだと風でラインが絡んだり。ラインも細いから直すのも大変でその時点で終了!みたいな感じにもなりました笑。

どんなルアーでどんな攻め方!?

ではでは、今回は釣れたルアーを実際に紹介していきます!

と言っても、日によって若干ムラがあったりしました。また、場所が変わるとヒットするルアーも変わったりしたので、正直言って、何で釣れるかは全く解りません笑笑。

とりあえず、釣れた中でもお勧めのルアー。

まずは、これ。

バスデイ ビートイット57S

バスデイ シュガーミノー50S

DUEL LGミノー S50mm

DUO テトラワークス42S

特にバスデイのビートイットはかなりハマった日もあったので必須ルアーになりました。

で、これらのルアーですが、当然メバル用のルアーなのでシーバスを釣るとフックが曲がります笑。特に少しサイズが大きいと高確率でフックが曲がり…管理人も釣るたびにフックを確認して、曲がったらプライヤーで伸ばしてみたいな感じで使ってます。

ルアーの投げ方は色々試したのですが、やはり少し上流に投げて、ゆっくり巻きながら流してくる感じが良そうでした。もちろん、下流からひいいて来て釣れていることもあったのですが、確率でいうと上流から流した方がよさうです。

どのルアーもあまり沈めずになるべく水面50センチいないを引くようにして、リールの巻きスピードを調整しました。

奥深いシーバスの世界にハマるかも!?

最後にですが…

超個人的にシーバスの世界って奥深いなと感じました。

サーフでのシーバスは正直ベイト次第だったり、ヒラメ狙っている時にたまたま掛かったり。ヒラスズキは狙っていくのですが…

河川でのシーバスはゲーム性も高く色なルアーやアプローチが出来るので釣り人の腕でだいぶ変わって来そうです。なかなか奥深い釣りの一つですね。

と、いう事で。

そんなシーバス釣りにも最近興味深々。

これは専用のタックルを更に買い揃える必要ありなのかなぁ。

どんどん深みにハマっていきます笑笑。まぁ良いか!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事