ブローウィン140Sでヒラメ。

皆様はヒラメでお気に入りのルアーってありますか?

今回はブルーブルーのブローウィン140Sを超気に入ってしまいました!っていう釣果報告も兼ねたお話しです。

春のこの時期はメタルジグやぶっ飛び君を多投していたのですが、もしかしたらこのブローウィン140Sが私のエースになるかもしれません。

スポンサーリンク

ブローウィン140Sでヒラスズキのバラし…

で、ここ数日の遠州灘は波が高く、また濁りも強くて一見すると釣れなそうな雰囲気が漂っていました。それでもポイントによっては投げサビキで大型のアジが釣れていたりと割と魚っ気はある状況です。

この日の朝もそんな状況。隣で投げサビキをやっているアングラーが尺アジと50センチくらいのヒラスズキを釣っていました。

波も少し高く、私の投げている先では時折サラシが広がるような状況でした。初めはメタルジグを投げていたのですが、ヒラスズキが釣れていたのでやっぱりミノー?と思いブローウィン140Sにチェンジ。このルアーではまだ魚は釣れていないけれどルアーの動きが気に入っていました。

ブローウィン140Sはジャークでも使えるミノーみたいで、何かの動画でジャークさせた時の水中動画を見ました。本当に小魚見たいな動きをリアルに再現しているし、アピールの範囲も広そうな印象でした。

管理人はそれ以来このルアーを気に入っていて、たまーに川の中に投げ込んで動かし方をチェックしたりして遊んでいました。というか動きが釣れそうすぎて、むしろそれだけで満足していました笑。

で、そんなブローウィンですが、今までは割と底まで落としてゆっくりまくっていうので使っていたのですが、今回は巻きながら途中で竿を横に振ってルアーに動きをつけてみました

すると、そんなアクションの直後、ロッドが重くなり魚をかけることができました。が、手前まで寄せて、あと少しでバレてしまいました。

とりあえず、もう一度同じアクション。またまたバイトからの速攻でバレる。

で、3度目の正直。同じアクションでブローウィン140Sを動かすと、今度も明確にバイト。やや慎重に引き寄せてとりあえずランディング、浅瀬で60くらい?のヒラスズキが見えました。で、バラしたくないので引き波に耐えて次の波を待ちます。しかし、次の波がきてずり上げ用としたらヒラスズキがジャンプ。尾ビレまでガッツリ見せながら飛び上がり着水。そして同時にフッキングが外れました 泣。

なんで、こうなるの?

慎重に行き過ぎだとのが原因なのか…

最近隣のアングラーが釣るっていう病気にかかっていたのですが結局、この日の朝はそれで終わりました。

夕まずめブローウィン140Sでヒラメ!(そげ)

36センチのヒラメ。久しぶり。

そんな悲しい朝でしたので、どうしても釣りたくて夕方に同じポイントに再度チャレンジ

朝よりは波が少し小さくなっていてサラリもあまり広がっていませんでした。それでもヒラスズキいるんじゃないかと、今朝と同じようにロッドにアクションをつけてブローウィン140Sをひいいてきます。

が、全くあたりなし

という事で、今度は底まできっちり沈めてゆっくり目にただ巻き、たまに少し止めてまた沈めてからゆっくり引いてみました。

すると、沈めてから巻き出した直後にゴツっと明確なあたり。

4度目の正直なので超強引に、今度は竿を思いっきり立てて、ソッコーで浮かせました。

引き波も気にせず強引にランディングさせると超勢いよく36センチのヒラメが上がってきました。川の流れ込みもあってサイズのは割には引いたのですが、モンスターサーフ1092TRは全く問題にせず、楽勝で引き抜くことができました。

ようやく久しぶりにヒラメが釣れました!ソゲだけと全然嬉しいです!!!

ブローウィン140Sの使い方って?

ブルーブルーのブローウェイン140S使っていて楽しいし武器になりそうです。

管理人は割とミノーやシンペンで釣りをする時は大きなアクションはつけないで、巻きの速さや、ストップの時間などを意識していました。

というか、ミノーをアクションさせるのって動きが大きいのでそれで釣れるとはあまり思っていませんでした。しかもただ巻きで釣れてるから別に必要ないかと思っていました…

しかし、今回はこのブローウィン140Sではロッド使ってアクションを入れることで魚のバイトを出すことができました。しかも、それ以外では喰ってこないのに、3回も同じアクションで魚の反応を得られました。3回ともバラしましたが 泣。

まぁ、こういったジャークベイト?は本来そういう物らしいので当たり前といえば当たり前なのですが…

それでも、このアクションで魚が当たってくるのは本当に快感で、なんか魚にルアーを喰わせたって感じが満載です。特に管理人はただ巻きを多用して、とにかくサーフに通う気合だけで釣りをしてたので、ちょっと釣りが上手くなった気がします 笑。

また、夕方のヒラメには従来通り?なのかはわかりませんが、管理人お得意のスローでただ巻き、これでも釣ることができました。

ここ遠州灘ではヒラスズキも釣れるので波のある時は狙ったりもします。しかし、今まではヒラスズキを釣る時は、表層付近でのフローティングミノーが多かったので、それらでヒラメを狙うのは場所を選ばないと成り立ちませんでした。

しかし、このブローウィン140Sは水深が1メートル以上あるようなサーフでもヒラメを釣ることができました。一つのルアーでヒラメもヒラスズキもっていうのは贅沢だし、アクションを入れてもただ巻きでも釣れるっていうのが最高でした!

釣れる魚、使い方に幅が広いので場所を選ばず使いやすいミノーだと思いました。久しぶりにどハマりそうなルアーです!!

さぁ、そうと決まれば色違いとサイズ違いを揃えないと…

なになに、カラーもサイズも結構種類がある… またまた、財布の紐が崩壊しそうです 泣

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事