秋の夜長にナイトフィッシングのオススメ。

秋ですねぇ。というかもう冬はそこまできている感じすらしますねぇ。

なんでも、今年は水温が高めで、ここ遠州灘のヒラメシーズンも本格的に爆発するのが少し遅いんじゃないか?なんて話まで聞こえてきています。真相はどうか判りませんし、1週間後には状況がガラッと変わるのが海ですのでいつでも準備を万端にしておいて損はないかと思っております。

もっぱら私の場合は365日出撃準備は整っているつもりです笑。

まぁ、サーフの状況が気になりつつもこの秋のシーズンはここ遠州灘周辺での夜釣りで割と魚が連れてくれます。

という事で、ここ最近の管理人の夜釣りの釣果報告です!

嬉しいことにここ最近は行くたびに魚が釣れていたので今回はまとめて一気出しです笑

スポンサーリンク

でかいカマスは暗闇に潜む!

まずは管理人がこの時期大好きなカマス。何が好きって食べると美味しい。そして、ここ遠州灘周辺のカマスは結構デカイ。カマスというこ30センチくらいをイメージするかもしれませんが、周辺の港では40センチごえも珍しくないサイズが出ます。また、群れが大きく、食いっ気が立っていれば一晩で二桁以上の釣果も全然望めます。

私はこのカマスをジグヘッドとワームで狙っています。夜の港というとどうしても常夜灯などの周辺を狙いたくなるのですが、私がカマスを狙う時は、その真逆で光のない真っ暗な場所で釣りをします。

以前、何かの記事で大きなカマスは臆病なので暗くい場所に潜んでいる。と読んだのがきっかけでした。で、実際試したら場所が良かったのか、まぁまぁ釣れています。

今年も同じパターンは継続していて、管理人も数は少ないですが最大40センチオーバーのカマスを釣る事ができました!

ルアーのチョイスはこちらもアピールのより少ないのピンテールのワームに反応が良いです。そして色も地味め。まぁ普通のセオリーと真逆のような釣り方かもですが、割と渋い状況でもこの感じでなんとか釣る事ができています。

ナイトでキビレ。外道じゃないですよ!

私はこの時期のカマスが大好きなのですが、あまりカマスの気配を感じない時に狙うのがキビレです。これは昨年、カマスを狙っていたらたまたま、同じポイントで釣れたのがきっかけでした。

で、使っている道具も同じで、ジグヘッドとピンテールのワーム。他のワームでも釣れてますが、これでも釣れます。管理人はちょっと面倒なので変えてません笑。

唯一少し違うのがレンジの取り方

キビレは底の方にいるようなので、ルアーで底を取ったら、そこからゆっくりと底スレスレをひいたり、ボトムをノックさせながれ引いてきます。もしくはワームをぴょんぴょん跳ねされすイメージでボトムをネチネチとやります。いずれにしてもボトム狙いで釣れています。

キビレは40センチに見たいないサイズでも割とひいいてくれるので、ライトなタックルでやると本当に楽しめます。

で、このキビレ。今回、3枚に開いて、塩を多めにふって冷蔵庫で1日ほど寝かした後、普通に塩焼きにして食べてみました。結果。

絶品じゃないですか!!!!

カマスに勝るとも劣らない美味しでした!

個人的には塩と魚っぽさが混ざっていてカマスを超えた?かもです。キビレってイマイチ食べる気にならない魚でしたが、今後は釣れたら美味しくいただくことになりました!!

ナイトルアーフィッシングの王道!?ヒラスズキ!

最後にここ最近のナイトルアーでつれた魚はヒラスズキ!

まぁ、厳密にいうとナイトというか、朝マズメの暗いうちだったり、夕方入って暗くなった後だったりと、そんな時間での釣果でした。ここ遠州灘東側ではこの時期になると、夜でのヒラスズキの釣果もポツポツあります。管理人もたまーに夜からサーフに入って狙ってみたりもします。ただ、夜のサーフにポツンと一人でいるのは寂しいのが難点です 笑。

ヒラスズキのルアーは今までの少ない経験では、正直何を投げたら良いかまだあまり判らないのですが、私はフローティングミノーでの釣果が多い気がします。カラーはチャート系の目立つ色だったり赤キンの強い色。そんなルアーで釣れています。

今回釣れたのは30センチちょいの小さいヒラセイゴ。でヒットルアーはジャンプライズ のぶっ飛びくん95sでした。以前、このルアーで80センチオーバーのヒラスズキを釣っている人を見た事があります。このルアー本当になんでも釣れますね笑。

ヒラスズキはなんといってもひきが強いし、80センチを超える大型も釣れる事が魅力ですよね!

管理人はいつかは80を超えるランカーを釣ってみたいです!!

夜の港では外道扱い!?まさかのヒラメ

カマス、キビレ、なんかを狙いにきたのですが、こんな外道も釣れました。

この日はカマス狙いで、微妙なので、キビレ狙い。そこをワームでネチネチしていたら。突然ガツンとあたり。カマスにしては強いあたり。キビレよりも勢いある感じ。

どっちにしても美味しいヤツ!と思ってあげてみたら。まさかの30センチくらいのヒラメ!最近サーフで見ないのにこんところでお会いするとは 笑。

まぁ小さいのお帰りいただきましたが、港の奥でヒラメが釣れるなんて 笑。こんな嬉しい外道もナイトフィッシングにはあるんですね。

↓管理人がカマス、やキビレに使っているワーム。昨年から超実績のあるワームでゴリゴリオススメです笑。今年はあえて違うのものを使っていてさらなる引き出しを模索中です!といってもすぐこれに戻ってしまいます笑

と、いう事で。

今回は最近、ナイトで釣れた釣果報告でした!!

しかし、この時期は朝から夜まで寝る暇がないくらい釣りものがありますね。早いところ仕事を終わらせて釣りに行きましょう!!!1

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事