遠州灘 7月の釣果まとめ

ようやく夏になりましたね。ここ遠州灘東側は昨年とはうって変わって長い梅雨がようやく開けたって感じです。

というか、もう7月終わりなんですね。本当に今年は夏になるのが遅かった気がします。

管理人の7月の釣果ですが、ヒラメ(37センチ)1匹、ワカナゴ30匹くらい、ショゴ2匹、小鯖4匹、カマス4匹くらい。こんな感じで、ほとんどが小型の青物でした。

ですので釣果ですが、とりあえず釣れてます!って感じです。ただ、例年よりもマゴチが少ないような気がします。ヒラメも夏になって来てあまり上がってないようなのです。全く出てないって訳でもなくポツポツと釣果情報は耳にしています。それでも秋冬の本格シーズンに比べるとかなり厳しい状況。

で、何が釣れているか?なのですが、小型の青物が連日釣れています。主にワカナゴ、小鯖、ショゴなど。他にはアジが釣れているのですが、殆どの釣果が投げサビキです。管理人も何回かやったのですが、投げサビキってなんか退屈ですぐ辞めちゃうんですよね…という言い訳でアジはまだ釣れていません泣。中には30センチを超える大型も全然いるのでこの時期はそれを狙うべきなんでしょうが

スポンサーリンク

ヒラメは厳しくなって来ている?

ベイト次第ではヒラメもチャンスありです。

7月にもなんとかヒラメを1匹釣れましたが、周りを見ていてもなかなか厳しい状況みたいです。ただ、ベイトになる小さいアジやカマスが入っていればチャンスはありそう。

管理人的にはシーバスやヒラスズキが釣れているときは何となくヒラメも狙えそうな気がしてます。というのも、釣ったその日もヒラスズキが入っていて、何回かかかるもフッキングが出来なかったり、ランディングでバレたりそんなことを繰り返していました。で、ヒラスズキの反応も無くなったのでフラットを狙って底を通すしてみら、なんとかヒラメを釣る事ができました。

その日の前後は波っ気もありヒラスズキのバイトがあったのですが結局今月は釣れませんでした泣。

数少ないチャンスをものに出来なかったです…

暑くなるに釣れて青物が爆釣!

小型の青物でも数が釣れると楽しい。

管理人が7月の遠州灘で最も釣れたのが青物。写真をとったのだけでも20数匹いたので、多分40匹近くつれたかと。と言ってもほとんどが20センチくらいのワカナゴですがこれだけ釣れると本当に楽しいです。

前半もまぁまぁ釣れていたのですが、まだフラットに固執していてあまりメタルジグを投げませんでした。で、あまりにフラットが釣れないので、途中からメタルジグを主にして、最終的には20g程度の小さめなメタルジグで小型青物をメインに見たいな感じです 笑。

で、それと共に青物の魚影も濃くなっていき、ここ数字は時間帯によっては短時間で二桁は釣れる!みたいな日が続いています。

まぁ、正直そろそろフラットが…と贅沢な感じになって来ましたが、それでも小型のメタルジグを投げていそうです。今なら、必ず釣れるっていう安心感すらあります 笑。

小型青物には小さめのメタルジグがオススメ

今月多くの青物が釣れたジグ。DUOのドラッグメタルシリーズ。

あたり前といえばあたり前なのかもですが、この時期の遠州灘では小型の青物には小さめのメタルジグがオススメみたいです。

中でもこの1月でもっとも釣果をあげたのが、DUOのドラッグメタルキャスト、20g。次に同じくDUOのドラッグメタルキャストのスリム30gでした。他の30、40gのメタルジグもそこそこ使って、魚も釣れてましたが、何故かこの二つが圧倒的に釣果がよかったです。管理人自身のお気に入りなメタルジグは他にあるので、それもそこそこ投げたのですが…今回は惨敗でした。

で、何が違うのか?なのですが、見た目でいうとドラッグメタルは他の同じ重さのジグよりシルエットが小さめでした。あとはフォールが少しゆっくりな気がします。個人的にはフォールが遅いのが水深の浅いサーフではフォールでのアピールも長くとれるので気に入っています。

という事で、

管理人的には他のメタルジグも試してみたい気がして来ました。個人的にはより小ぶりなタングステンのジグが気になっています 笑。8月の購入品が決まって来ました!来月も青物祭りを期待しています 笑。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事